産毛の処理をするメリット

顔の産毛は処理をすることによって、顔色のトーンをアップさせることができます。
ファンデーションのノリもよくなるので、定期的に行っておいたほうがよいです。
どのように行ったらよいのか分からないということもあるでしょう。
最も簡単な方法が顔剃り専用のかみそりを使う方法です。
顔剃り専用なので、細かいところまでキレイに剃ることが出来るように工夫されていますし、安全に使うことができます。

産毛をキレイに処理しておかないとお肌のスベスベ感も手に入れることができません。
処理をすることによって手触りもよくなります。

 

処理をする際にはお肌を傷つけないように注意もしなければいけません。
顔のお肌はデリケートなので、傷つきやすいということもあります。
処理をした後には必ず保湿をするなどのケアもしなければいけません。
そうすることによって健やかなお肌を手に入れることができます。

顔の産毛を処理したとしても、お肌の状態があまり良くなければ意味がありません。
スキンケアをしながら産毛の処理を行っていくとよいです。
顔の産毛を処理すれば、スッピンでも自信を持つことができるようになるかもしれません。
驚くほどお肌のトーンがアップすることもあります。

続きを読む

いざという時は頼れる美容皮膚科

とっても面倒くさがりでズボラな私。
クレンジングが面倒!という理由で、普段なるべく化粧をせずに過ごしています。
しかし、女に生まれたからには365日スッピンで過ごすわけにはいかず。
化粧をした日に限って帰宅後はクタクタに疲れていて、とてもクレンジングをする元気はありません。
翌朝も、疲れから早起きできず水でチャッチャッと洗顔して終わりなんてことも。

このような生活を続けていると、みるみる毛穴は広がり肌がくすんできます。
そんなとき、友人から美容皮膚科を紹介してもらいました。
最初は恐る恐る美容皮膚科の門を叩きましたが、今は気軽にピーリングやレーザーに点滴……そのときの悩みに合わせて医師に相談して予算内で施術をしてもらっています。
肝斑の治療を目的で当てたレーザーで、毛穴が縮まったり産毛が消えたりと思いがけずお得な副作用!?があったりして、多少痛みが伴うものの毎回大満足です。

1度キレイになると、気分が上がってしばらくは肌のケアも不思議と苦にならず楽しくできるため、肌の調子が持続します。
1ヶ月も経つとまた面倒くさくなってしまうのですが、そんなときはまた美容皮膚科へ行きます。
最近は安い医院が増えているため、本当に気軽に足を運べます。

私の面倒くさがりはどこの病院へ行っても治りそうにないので、これからも美容皮膚科に頼ってキレイな肌でいたいです。

続きを読む

顔のお手入れ

肌がいつまでも美しくありたいと願う女性は大多数だと思うのですが、私もその中の一人として、特に顔の手入れは入念に行っています。まずは洗顔ですが、私 が気に入っているのは沖縄の海泥でのパックです。これをすると、顔の余計な汚れがしっかりと洗い流され、そのあとの化粧水やフェイスオイルがぐんぐんと毛 穴から入っていくような気がするほど、ほどよい洗浄力があっておすすめです。また化粧水も何度も重ねづけをして、手に肌が吸いつくまで保湿をしています。 そのあとは夜は夜用の美容液、朝はクリームで整えるのですが、ゆっくりと丁寧に、優しく手を肌におさえながは塗るようにしています。生理前や生理中にむく みが気になるときは顔のツボを押すマッサージを取り入れたり、美顔器できれいなフェイスラインに整えるように努力もしています。顔の筋肉は意識して使わな いとどんどん衰えるということを聞いたことがあるので、口を大きく開けたり、すぼめたり、目を見開いたり、閉じたりといった顔ストレッチも毎晩やるように しています。明るい表情をキープして、ストレスを溜めないようにすることが一番の顔美容への効果になると思うので、規則正しく、楽しく毎日を過ごせるよう にすることにも気を遣いたいです。

続きを読む

ソーダゼリーで顔を洗う?爽快感UPのこの石鹸で

LUSH(ラッシュ)が好きで、お風呂場には何かしらアイテムがあります。手作り石鹸で、香りが強いものの、実は天然精油を使っているので子どもも使える 商品が多いんですよ。ボディ用の製品を顔に使う人も多く、みつばちマーチの石鹸をアトピー対策の洗顔石鹸にする人もいますよね。私も過去にみつばちマーチ を洗顔にしたこともあります。
そんな私の最近のお気に入りは、シャワージェリー。ジェルじゃなくてジェリーです。娘が「サイダーのゼリー」という のは、「WHOOSH(ウーッシュ!)」で、ライム、レモン、ゼラニウムの精油が使われた透明の青い石鹸です。見た目も香りもサイダーでぷるっとした寒 天っぽい質感はゼリーにしか見えない!角質を取り除いてくれる作用がある石鹸は泡立てネットで泡立てて、あご、小鼻の周辺を「泡で洗い」ます。夏場はメイ クの残りがあってざらっとした質感になるあごや小鼻も、これで洗うとつるっとしてざらざら感がなくなるのが何よりもよく、個人的なお気に入りとなって、 度々登場しています。そして、最大の特徴は「冷凍庫でも使える」こと。冷やしてもぷるっとした質感のままなので、冷凍庫に入れておいて、ちぎって使うと ひーんやり。暑い時は、すごく気持ちよくて爽快感もアップします。

続きを読む