いざという時は頼れる美容皮膚科

とっても面倒くさがりでズボラな私。
クレンジングが面倒!という理由で、普段なるべく化粧をせずに過ごしています。
しかし、女に生まれたからには365日スッピンで過ごすわけにはいかず。
化粧をした日に限って帰宅後はクタクタに疲れていて、とてもクレンジングをする元気はありません。
翌朝も、疲れから早起きできず水でチャッチャッと洗顔して終わりなんてことも。

このような生活を続けていると、みるみる毛穴は広がり肌がくすんできます。
そんなとき、友人から美容皮膚科を紹介してもらいました。
最初は恐る恐る美容皮膚科の門を叩きましたが、今は気軽にピーリングやレーザーに点滴……そのときの悩みに合わせて医師に相談して予算内で施術をしてもらっています。
肝斑の治療を目的で当てたレーザーで、毛穴が縮まったり産毛が消えたりと思いがけずお得な副作用!?があったりして、多少痛みが伴うものの毎回大満足です。

1度キレイになると、気分が上がってしばらくは肌のケアも不思議と苦にならず楽しくできるため、肌の調子が持続します。
1ヶ月も経つとまた面倒くさくなってしまうのですが、そんなときはまた美容皮膚科へ行きます。
最近は安い医院が増えているため、本当に気軽に足を運べます。

私の面倒くさがりはどこの病院へ行っても治りそうにないので、これからも美容皮膚科に頼ってキレイな肌でいたいです。